水彩画「夏草」の製作過程

水面に日が当たってキラキラ輝く部分、および草の葉の明るい部分についてはマスキングインクを使ってマスキングしておく(黄色い部分)。

その上に、水の色をグラデーションをつけながらウォッシュ。

地面の下地塗りをして、草の葉の部分のマスキングをはがしたところ。

白く残った葉の部分に明るい黃または緑を塗る。

葉の陰を濃くし、地面をさらに塗って表情を出す。

またスパッタリングによって土や砂の感じを表現。最後に地面上の草を描き入れている。

水面の最も明るい部分は紙の白をそのまま残している。


「夏草」 clester F30

 第4回あいしょう絵画展 佳作・NHK大津放送局長賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA