ある会社員の告白 :「責任をとらなくて済む最良の辞め方」指南

 組織で責任ある立場にある人物が大失敗(大失態)を演じ、そのこと自体修正は不可能、やり直しもできない、かつ責任を取るには事態が大きすぎるという場合、いったいどうすればいいだろうか。

 このような相談を受け、それに適切な手段・方法を指南するのが私たちの仕事である。

 今回も、名誉挽回も不可能な状況に追い込まれたある人物を救い出すプロジェクトを依頼されて、私は即断した。
 すでに責任を取れないことは明白なケースである。ならば、ひたすら逃げるしかないというのが私の決断。問題はどうやって逃げるのが最適かを示すことである。

 単に職を辞するにとどまれば、必ず責任を問う声が上がり、非難を浴びる。雲隠れをしてしまえばその後もずっと姿を隠したまま生きていくという苦痛の人生が待っている。

 自らの行為の責任も問われず、非難もされないような方法は何か?
 そんな魔法のような方法はあるのか? 実はある。「病気」というやつだ。

 政治家が捜査対象になりかねない事件を起こすと、必ずといっていいくらい、病院へ逃げ込む。もちろん仮病である。

 あからさまに仮病を使うのはあまりに下手な戦略。
 もっとよいのは、世間に知られた「持病」を理由にすることだ。
 今回の依頼事例ががまさにそうであった。

 持病があることは世間に知られている。ならば、‥‥。
 まずはそっと、‥‥マスコミに知られないようにそっと、病院へ行く。
 もちろん、マスコミが嗅ぎつけることを前提としている。
 症状がどうとか、なぜ病院へ行ったのかといった情報は一切伏せる。
 黙ったまま、また病院へ行く。
 マスコミが徐々に騒ぎ始めるまでそれを繰り返し、最高潮に達したころに記者会見の予告をする。もちろん、子飼いの記者たちにはリークしておく必要がある。
 そうしておいて、持病が悪化したことで仕事ができず残念であるという、私たちが用意した作文を読む。
 あくまで、職務を放棄したくないという意思を表示した上での「やむを得ない」辞任という形をとる。

 こうすることで、本人は世間から哀れみの対象として見てもらえるのである。
 もし批判する者が現れても、必ず「病気の人を悪く言うものではない」という世間的な「常識」を振りかざす人物が登場して、擁護してくれる。これも読み込み済みである。

 同じ仮病でも、やりようによってこのように効果的に、過去の失態や罪状が不問に付され、逆に可哀想な人物としてかばってくれるような状況に作り変えることができる。

 こういうことをやるためにこそ、官邸では私たち電通を雇い入れているのである。

 

(※:この記事はフィクションです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA