堅くご遠慮

中程の文章にご注目いただきたい。

「堅くご遠慮申し上げます」とある。

普通遠慮というのは「そっと」するもので、「堅く」主張したり宣言したりするものではない。

何といえばいいのかなぁと思案していたら、かたえの言葉を生業とする友人がこういった。「堅くご辞退申し上げます」だろう、と。

確かにそれが正解だ。このポスターの作成者は、きっと「堅く」と強い言葉を使ったことに自ら躊躇して、柔らかく「遠慮」とトーンを下げたのだろう。その心遣いには感心するが、全体の文言の散漫さには寒心しなければならない。

他の部分の文章についても、イチャモンをつけようとすればいくらでもつけられる。例えば「平等、公正にすることを第一」なら、治療は第二なのか? とか。

待ち時間のあまりの長さに、こんなツッコミばかり考えてしまったのであった。

(撮影地:神奈川県相模原市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA