カテゴリー別アーカイブ: ざ・せんりゅう

有名人生まれるときは騒がれず

 健さん健さんと世間はかまびすしい。

 朝日川柳は

◆ 不器用に寡黙のままに漢逝く

というヒネリのない句を採用している。もう一句、

◆ 男たちの憧れすべて持っていた

という句も並べているが、そこには男は不器用であるべきで、寡黙であるべきで、それらがまた世間の男たちはみな憧れの対象としているという、この選者や世間一般が持つ類型的メッセージがある。

 健さんの前には、「マメな男はモテる」という言説はかすんで見える。

 話し上手でおしゃべりで、いつも人を楽しませ笑わせているような男は、健さんの前では肩身が狭い。

 ここでいう「健さん」とは、もちろんスクリーンに投影された妄想としての健さんでしかない。

 個人的に飲みに行ったら、高倉健はべらべらとうるさいやつだったとしても、それは共同幻想としての健さんとは別物なのだ。

 健さんはスクリーンを通して、男のある一面だけを拡大し変形した、歪んだ価値観を世間に植えつけてしまった。

 その意味では、非「健さん」的男性にとっては、非常な迷惑な存在だったと言える。

 死者を悼み、褒めそやすのは世間の常識ではあるけれども、追悼の言葉の陰で、「そうではない」思いの人も数多くいることは、忘れるべきではない。

 有名人をめぐる大騒ぎもいい加減にしてもらいたいが、なぜか、有名人が生まれるときには誰も話題にしないのである。

お人形糸が切れては動けない

 小渕経産相、辞任。

 何の因果か政治家の娘に生まれたおかげで、無知と天然を武器にぶりっ子キャラで何と「大臣」にまでならされてしまった。

 しかし陰の傀儡師に操られるしか政治家ぶりっ子はできない。傀儡師が手板(コントローラー)を放棄すればお人形は動けない。

 チ〜ン、ご苦労さまでした。

いそいそとインドへ祝電打つ官邸

ノーベル平和賞を受賞した方々に対する一言のお祝いもない、社民党の又市談話のようなトンデモ発言がある一方で、9条が落選したことを顔を歪ませて心から喜ぶ一群の人たちもいる。

おそらく官邸では、9条にノーベル平和賞が与えられた時の言い訳スピーチを準備していただろう。ぜひともそれを読んでみたいものだ。

来年のスピーチもすぐ作れます

 コピペがツイッターからバレて、東京新聞にまで載るようになった。

 しかしまぁ、いかにもこの首相にお似合いではないだろうか。

 慰霊祭を冒涜するようなやり方であることに、おそらくは気づいてもいないのだろう。

 金の亡者になると、すべてのものごとが見えなくなる。

 そのよい見本かもしれない。

岸壁の母もそろそろスタンバイ

 いよいよ本格的にきな臭くなってきた。

 政権与党による堂々たる憲法違反。これに異を唱えなければ、完全に戦後日本は終わりだろう。

 暴動が起きてもおかしくない政治状況なのに、大衆は一向に気がつかない。

 チャウシェスクが、広場に集まった群衆の「オーレ、オレオレ♪」の大合唱に顔色をなくし、失脚につながった、あの映像が頭から離れない。

 いままさに、暴力で政権を倒してもおかしくない状況になっている。

不払ひはかうしませうと見本見せ

 何しろ東大哲学科卒の才媛だから、文章だって旧仮名遣ひだ。

 女は家で子育てをするべきだと言いながら、ご自身は外へ出て盛んに発言されている。

 なんだか矛盾した見本を示しておられるような。

 そして今回のNHK受信料不払いも、経営委員として実に見事な言行逆一致。

 ま、かつて年金の宣伝をする女優が年金を払っていなかったというギャグのような事件もあったことだから、この程度のことは会長に比べれば大したことないよ、と笑い飛ばしておしまいなのかもしれない。

またしても大事なときに失言し

発言要旨:
 「それ全部やっていちばん最後に森のオヤジ。なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事に失言しちゃいましたね。あのオヤジ、大事なときには必ず失言するんですよね。なんでなんだろうなと」
 「あともう皆ダメで、せめて森さんが出れば安倍や麻生みたいにはならないかもしれないという淡い気持ちでね。森さんを出したんですが。また見事に失言しちゃいまして、結局、政府みな惨敗を喫したという…」