Mavericksはやばい?

 MacOS10.9のMavericks。
 これがどうも、ヤバいみたい。

 無償アップデートなので、つい気軽にスタートボタンを押してしまったのが間違いだった。
 インストールそのものはいつもどおりで簡単だったが、立ち上げてみて愕然。
 親指シフトが使えなくなっている。Teslaが働かないのだ。

 通常の日本語入力を使っている人にはどうでもよい話だが、現状では最高の日本語入力IMEである親指シフトに慣れ親しんでしまうと、これなくてはまったく仕事にならない。
 それが動かなくなったのだ。
 ググってみると、その問題はすでに報告されている。そして対処法もちゃんと書かれている。
 しかしターミナルを使ったりするウラの作業が必要だ。ワンタッチで解決できるわけではない。

 そこで、今回はこのアップデートをキャンセルして、元のマウンテン・ライオン10.8に戻してしまおうと考えた。
 MacにはTimeMachineというバックアップソフトがあるので、簡単にもとに戻すことができる‥‥はずであった。

 ところが、バックアップデータが入っている外付けHDをつないだところ、なんと認識しない。
 壊れたかと思って別のマシンにつなぐと、ちゃんと動いている。
 これもググってみると、MavericksにはHDのトラブルが報告されていて、データがすべて消えてしまうというのだ。
 また、認識しないという問題に関しては、修復は可能だがやはりデータは残らない、という報告があった。
 どちらにしても、下手につないでデータを消してしまっては元も子もない。

 かといって、つなげられなければ元に戻らない‥‥。四面楚歌である。

 で、思いついたのが、バックアップソフトを認識されるHDにコピーして使ってみようというもの。
 その作業を、目下試みている最中である。
 と、ディスクが満杯でコピーできませんというアラートが出てしまった。
 じゃ、必要なデータだけ厳選してやり直してみようか。

 ということで、結果はまたのちほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA