やらなきゃよかった余計なこと(Dropbox)

 新しいMacが準備できたので、以前のMacのデータをTimeMachineから呼び戻して入れた。
 その際、ユーザ名が前と同じでは面白くないので、変更を試みた。
 ユーザ名の変更についてはアップルのウェブサイトに書かれているとおりで、少しは面倒だが大した作業ではない。もちろん、特別に必要がない限り、あまりおすすめはできない。

 ユーザ名の変更は問題なく終わり、それで万事OKのはずだった。

 ところが、Dropboxが文句を言ってきた。
 「/Users/旧ユーザー名/ の権限を変更する必要があります」とアラートが出る。

 ところが、旧ユーザ名のアカウントは削除している。上記のようなパスはそもそもないのだ。

 同じトラブルを抱えた何人もの人が解決策を模索しており、それらにしたがって私も色々やってみたがうまくいかず。

 弥縫策ではあるが、旧アカウントを復活させ、そのアカウントでのDropboxを動くようにして、今度は新アカウントからそのデータにアクセスできるようアクセス権を設定し、ようやく動くようにできた。

 が、Macを立ち上げた時には新旧両アカウントが表示されて、どちらにしますかと聞いてくる。これまたウザい。

 で、最終結果だが、Appleサポートコミュニティでのこの議論の中に書かれていた方法で、やっと解決できた。←それを早く言え。

 要はいったんDropboxを完全に削除するのだが、「~/.dropbox」フォルダを削除する(Dropboxのヘルプにある「上級ユーザー向け」の内容)だけでなく、「~/.dropbox-master」フォルダも削除するということだ。

 これでDropboxに関する過去の履歴は完全に消え、「/Users/旧ユーザー名/ の権限を変更する必要があります」というアラートが出なくなる。
 その状態で、あらためてDropboxをインストールすればよい。

 いずれにしても、ちょっと余計なことをするとエラいトラブルになるという一例。
 自力解決にに自信のない人は、なるべくそっと使うに限る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA