おもてなし

焼肉店である。

注目したいのは5行目の文言。

「ほんものだけ」をおもてなし とある。

「ほんもの」とは、この場合高級な肉を意味しているのであろう。

となると、「おもてなし」は一体どうなるのか。

「もてなす」の目的語は人である。客である。お客さまをもてなすわけだが、となるとこの店では、高級なお肉をもてなすらしい。肉をもてなしてどうする?

おそらくは、高級な肉でもってお客さまをもてなす、と言いたいのだろう。だとすれば、正しくは、

「ほんものだけ」でおもてなし

とすべきではないか。

いや待てよ、「ほんもの」は肉ではなくて、客のことを言っているのだろうか。

素性のわからぬ下賤の輩ではなく、元華族といったような「ほんものの客」だけをもてなすと言いたいのかもしれない。となると我々には縁のない店。

ランチがお一人様10万円などと書いてないか、調べる必要がありそうだ。

(撮影地:滋賀県草津市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA