カテゴリー別アーカイブ: おもしろ日本語

「この空を飛べたら」は翻訳ソフトで訳せるか?

 最近翻訳に関してなるほどと思った事例。

 知人が書いていた英文にイチャモンをつけた。
 If I can fly this sky.とあった。中島みゆきの名曲、「この空を飛べたら」を翻訳ソフトにかけた結果だという。
 ははぁ、なるほどね。それらしい訳になっている。
 感心したのは、原文には主語がないのに、訳文にはちゃんと I が入っている。一昔前の翻訳ソフトならこういう芸当はできなかっただろう。「もし私がこの空を飛べたら」と書いてやらないと翻訳してくれなかったのではないだろうか。

 Google翻訳で試してみると、「この空を飛べたら」はたしかにそのとおり「If I can fly this sky.」と出てくる。

 しかし中島みゆきのこの歌は、空など飛べるわけもないのに空を飛ぼうなどと思う、叶わぬ願いを切なく歌っている。
 その意味では、can fly ではなく英語ではまさに could fly とする、文法でいえば仮定法の表現でなくてはならないわけだ。

 日本語では「もし月に行ったら」も「もしコンビニに行ったら」も文法的には何ら違いがない。
 だが英語では、実現可能な「もし」と実現不可能あるいは実際にはありえない「もし」とを区別する。
 If I went to the moon.
 If I go to the convenience store.
との違い。

 よく考えると日本語でも、実現不可能な仮定は過去形を使って「もし月に行ったら」と言うことが多く、実現可能ならば「もしコンビニに行くなら」と現在形を使う傾向が強い。
 英語でも、動詞の時制を一段下げ過去形にして(go → went)、実現不可能な仮定を表す。この点については英語も日本語も同じであるのは興味深い。
 そして余談だが、文法的にはこれを「仮定法過去」と呼ぶために、過去のことを表現するときに使うのだと勘違いする学習者が多いのは困ったものだ。

 閑話休題(あだしごとはさておきつ)。
 翻訳ソフトの発達は、文法解析の分野での進歩に依存している。
 中でもチョムスキーの生成文法理論はその最たるものであろう。Google翻訳もこれに大きく依拠しているのではないかと想像する。

 しかし上で見たように、同じ「もし」でも意味が違う時、自動翻訳はどう判断するのだろうか。言語規則に基いて、意味をあまり重視しない生成文法の欠点がここに出ているのではないかという気がする(ただし生成文法のきちんと勉強をしたことがない筆者なので、間違いがあればご指摘を乞う)。

 もう一点。
 Google翻訳では「fly this sky」となっている。
 空を飛ぶ、ならばここは fly in this sky としなければならないのだが、なぜ誤訳になっているのか。
 おそらく日本語が「空を」であるために、この「を」を目的語を要求する助詞と判断して、目的語として this sky を置いたものだと思われる。
 しかし fly という動詞は、飛ぶという意味で使うときは自動詞である。目的語をとらない。
 他動詞として目的語を取る場合は fly a balloon (風船を飛ばす)など「飛ばす」という意味になってしまう。

 さて、Google翻訳をいろいろいじっているうち、日本語の入力によっては can が could になることもあるのがわかった。
 最終的に、「もし私がこの空で飛べたら」と入れてやると、正しく If I could fly in this sky と翻訳された。
 もちろん、今度は逆に日本語がおかしいのだが……。
 

どこかおかしい?

 特にどうってことのない立て看板。

 よーく見ると、ちょっと変ではないかなという気もします。

 「20km/h以内で通行」

 この場合、「以内」でよいのでしょうか。

 校正を生業にしている人に話を聞くと、「変だなと思ったら逆を考えてみる」のだそうです。
 逆、つまり「20km/h以内」の逆だから、「20km/h以外」ですね。すると、やはりこれはヘンだとわかります。そんな言い方は普通しませんから。

 ではどう表現するのが正しいか。

 速度を表現するには、やはりここは「以下」を使うべきではないでしょうか。この場合、逆を考えても「以上」という表現で辻褄が合います。

 正解は「20km/h以下で通行」ということに。

 ところがです、さらに辞書を調べてみると、こうありました。

●以内とは: 時間・距離・数量・順位などで、ある基準を含んでそれよりも小さい範囲。「10日―には帰る」「1万円―の買物」
●以外とは:(他の名詞や動詞に付いて)それを除く他の物事。「関係者―入室禁止」「食べる―に楽しみがない」

 実は、「以内」を逆にしても「以外」にはならないということなんです。「以内」と「以外」は対称の関係ではないと…。

 となると、「20km/h以内で通行」は間違いではないのでしょうか。

 ここから先は各人の「語感」の問題。

 あなたはどう思いますか?

ちなみに、単位のk(キロ)は小文字にすべきであり、大文字は間違いです。

(撮影地:滋賀県草津市)

「も」のもんだい

 駅から雨にも濡れずに買い物ができる。なるほど、客にとっては便利だ。で、それで?
 「雨にも」の「も」って何だろう。「も」というぐらいだから、雨以外にも何かあるはずだ。何が言いたいのだろう。
 雪か。しかしこの店は東京にある。そうそう雪に降られることもなく、あえて雪を例に挙げる必要もなさそうだ。

 この看板を手がけた広報担当者は、ひょっとすると「雨に濡れずに」と最初は作ったのかもしれない。しかしその文言にいささかインパクトの不足を感じたのではなかろうか。つまりそれだけではこの店の立地の優位性を強調することができない、と。
 本当なら、「雨にも濡れず、ヤリにも濡れず」くらいの衝撃的なキャッチコピーを考えていたとも考えられる。しかし「ヲイヲイ、そりゃないだろう」と上司にクレームをつけられ、おとなしく引っ込めたのかもしれない。だが担当としては意地がある。せめて「も」だけでも残そうではないかと、密かに画策した、というわけなのである。

 何かを強調したいという情動だけがあって具体的手段がないとき、人はつい、余計な言葉を口走ってしまう。この文章はその典型例だということができよう。

(撮影地:東京都町田市)

罪にならなければよい?

 大事に育てた花を勝手に持っていかれたら、誰だって悲しくなるだろう。

 「持って行かないで」という持ち主の叫びはよくわかる。

 だが、その理由として「罪になる」から、というのはどんなものだろうか。

 罪になろうがなるまいが、持ち主の心を踏みにじる行為は許されないのではないか。

 もうひとつ変なのは、「花を盗むと罪になります」という表現だ。

 盗むと罪に「なる」のではなくて、もともと盗みは罪なのだから。

 さらに、花以外のものを盗んでも罪にはならないのか、といううがった読み方も可能になる。

 妙な理屈をつけないで、「大事に育てている花です」とだけ書いておけば、その気持は通じるのではないだろうか。

(撮影地:神奈川県相模原市)

.

未来はたいていこれから来る

橋下大阪府知事の、当選当時のウェブサイトである。

大阪の未来を考えているらしいことはよくわかる。

しかし「未来」というものは、「未来は今どうなっている」とか「未来はかつてどうだったか」などと問うようなものではなく、もともと「これから」を問うものでしかありえない。

「これから」がすなわち「未来」なのだから、「未来はこれからどうなる」という表現は、「昔々のいにしえに、一人の武士の侍が、馬から落ちて落馬して…」というのと同じ。いわゆる冗語である。

もし橋下氏が大阪市長にでもなったら、これからの大阪の未来は将来どうなるのか、心配が懸念される。

.

誰が主人か?

Windowsのスタート画面である。

Windows使いの人は、こういう画面に何の疑問も感じることなくパソコンを立ち上げているようだ。

しかしよく考えてほしい。「ようこそ」とは誰が誰に対していう言葉か。

主人が、客に対していうのが「ようこそ(いらっしゃいました)」だろう。

この場合主人とはWindows、あるいはMicrosoftだ。そして客とは私やあなたということになる。

そうだろうか? 私は金を出してWindowsパソコンを買った。そしてそれを「使って」仕事やゲームをしている。あくまで「私」が主人のはずなのに、Microsoftの考えはそうではない。主人はMicrosoftやWindowsであり、使う人はあくまで「客」であり「従」なのだ。

徹底して、何らかの目的を達成するための使いやすい「道具」としてコンピュータを考えて来たSteve Jobsらの思想とは、まるっきり逆だということがわかる。

iPhoneやiPadが顧客満足度ナンバーワンで熱狂的に指示されている理由はそこにある。使い手の手になじむ心地よい道具としての位置づけ。

道具の使い手を無視し、いつまでも「ようこそ」と主人面を続ける過ちに気づかないMicrosoftは、ますます「客」からそっぽを向かれて行くだろう。

無理っぽい理屈

最初、なぜ「20分以上の駐車」がお客様のご迷惑になるのだろうと考えた。

他の客にとっては20分であろうが5分であろうが、そのときふさがっていれば同じこと。「20分以上」が具体的な意味を持つわけではない。

さらに考えてみると、これはどうも「お客様のご迷惑」ではなさそうだ。

長時間駐車されて、客の回転が悪くなるのが困るということなんだろう。つまりは「店にとって迷惑」ということだ。

しかしそこは客商売。客に向かってあからさまに迷惑とは言えない。そこで「他のお客様」が登場したというわけ。

なかなかに苦労が忍ばれる文である。

(撮影地:神奈川県相模原市)

÷

発見したら1万円?

この看板、こんな意味に受け取れないか。

「無断駐車を発見した」人には、「1万円をお支払い頂く」と。

だったら、発見しても見て見ぬふりをしよう。反則金を取られてしまうから。

 

もちろん、そうでないことはわかるわけだが、読み手が善意に解釈して初めて正しい意味がわかるような文章は、やはり悪文といってよい。

「発見する」と「支払う」という2つの動詞のそれぞれが違う主語を持っているというところにこの悪文の原因がある。

さらにその大元をたどれば、わざわざ「発見する」などという言葉を使ったところに最初のとっかかりがある。

もっと簡単に「当駐車場での無断駐車には」とすれば何の問題もなかった。

しかしおそらくこの駐車場では、日々無断駐車とその発見という大バトルが繰り広げられているのだろう。そのために駐車場の管理者も、つい発見と言いたくなってしまったわけだ。胸中察するに余りあるものがある。

(撮影地:神奈川県相模原市)

大げさな表現

某私鉄のトイレ。「アラームの鳴る火災報知器」とでも言えばいいところを、「音響警報が鳴動する感知器」と表現されている。

いかにも恐ろしいことが起こるぞと言いたいのだろうか。

お役所ならありがちな表現。この私鉄にはひょっとして官僚主義が跋扈しているのか?

(撮影地:東京都目黒区、東急目黒駅)

.

素朴な文章

何とも講評に困るが、小学生などにありがちな文章。

一行目を「‥‥される、」と連体形にさえすれば文法的にも正しい。一方を連用形、他方を連体形とちぐはぐだから、妙な文章になってしまうわけだ。

「意味が通じればいいではないか」と開き直られそうな気もするが‥‥。

 

(撮影地:滋賀県草津市)