雑論部屋」カテゴリーアーカイブ

敵は町内会にあり その5

 前回の「その4」が町内会の総会準備真っ最中の3月だったから、もう半年以上、あっと言う間に月日は経ってしまった。
 総会は無事終わり、議案書に盛り込んだ事業計画も順調に進んでいる。
 では、それ以来きょうまで何事もなかったのかといえば、実はある。それもきわめて重大な問題が。

 しかしいまはそれを後回しにして、8月に行われたN町内会のサマーフェスティバルなるもの、つまり夏祭りについて先に報告しておこう。

 このサマーフェスティバル、私は今まで参加したことがなかった。去年は寄付金1000円を払って「お楽しみ抽選会」のチケットももらったが、すっかり忘れていて参加しなかった。
 どうせ一町内の夏祭り。夜店が出て舞台でシロウトの歌や踊りが披露されるというワンパターンに決まっている。
 ただ今年は私自身が町内の役員になったために、N町内会から会場の手伝いを割り振りされた。会場設営と、祭りが始まってからはゴミ当番をやってくれとのこと。開催中に出てくるゴミをチェックし、集積所に運ぶなどのボランティアである。

 会場は公園、といっても樹木などの一切ない、フェンスに囲まれた長方形の運動場のような場所。面積的には5000平方メートルほどもあるのだろうか、中規模の小中学校の校庭ほどの広さである。

 さて、祭りが始まってみて、実のところ非常に驚いた。
 次から次へと人が集まってくるのである。
 それも、小さな子どもを連れた若い男女が圧倒的に多い。
 私たちの町内会ではせいぜい数軒の40代の家族以外はすべてほぼ70代以上の高齢者である。盆と正月に里帰りしてくる孫たちを見かけるのがせいぜいだが、ここは違う。子どもたちがうじゃうじゃいる。どうしてこんなに年齢層が異なるのか‥‥。

 演し物が次々と替わっていって、宴たけなわとなる頃には公園内は大げさでなく立錐の余地のない大混雑となった。
 ゴミ袋を持って敷地内を横断するにも、身体をくねらせないと通行できない人だかりである。
 あとから、主催者発表で1200人との報告があった。おそらく誇張でなくそれくらいはいたと思われる。

 そして、賑やかな催しが一通り終わったところで、何の衒いもなく、しれっと行われるのが恒例の「挨拶」である。
 登壇するのは、7月に行われた参議院議員選挙で当選した自民党の候補者。
 さらには、同じく自民党の現職参議院議員も。

 「みなさまのおかげで」「お世話になりました」「地域の活性化に」云々という言葉が、楽しい楽しいお祭の騒ぎの中で、自民党とこのフェスティバルがまるで一体のものであるように語られるその効果を考えてみてほしい。

 ここまではお祭り、ここからは政治の話、ではないのだ。
 お祭りという楽しい流れの中で、その延長線上に自民党がある。
 聴衆はこれらの参議院議員が何をした人か、何をしようとしている人かなどは全く知らないまま、なんとなく自民党というものがこの地域の、私たちの、このお祭りに欠かせない役割であるかのように、自然に洗脳されていくのである。

 このN町内会はざっと900軒、およそ2000人の人口を抱えた地域である。
 考えてもみてほしいが、どこかの市民運動団体が、反原発でも平和運動でも何でもよいが、2000人の人口から1200人もの人たちを動員でなく集めることができるだろうか。
 
 政治的スローガンを掲げて、何万人という街中で数人のメンバーが拡声器を使って呼びかけ、100人に一人くらい振り返らせる運動と、上記の、1200人の若い人たちが喜んで駆けつけ、自民党に知らず知らず馴染んでいくこの「村」のやり方と、ぜひ比較衡量していただきたいと思う。

 これがまさに、選挙ではドブ板と呼ばれる保守派の戦略であり、草の根保守の方法論なのである。

 国際情勢がどうの、経済政策がどうのという「理屈」で国民を説得しようとしても、国民は動かないのだ。
 動かないことをもって愚民だ、B層だと非難しても何の効果もなく、負け犬の遠吠えにしかならない。

 敵は草の根のシステムを最大限に活用して、人々が政治と気づかないうちに政治の方向性へ、それもうんと右寄りの路線を歩かせるように仕向けている。

 その方法論に学び、敵は大所高所ではなく町内会に偏在しているのだという事実をまず確認することが、私たちに求められているのではないか。敵は町内会にあり、なのである。

歌謡曲探訪2 東京のバスガール

 1957年、まだ日本が高度経済成長に突入する以前の曲である。
 「バスガール」という言葉自体すでに死語といえるが、女は家にいるのが普通と思われていた時代に、明るく働く女性はある種新しい時代を感じさせたのかもしれない。
 もちろん、いまやバスに車掌が乗っていたこと自体、知らない人が多いのだろうけれども。

歌:初代コロムビア・ローズ 作詞:丘灯至夫 作曲:上原げんと

1 若い希望も 恋もある
  ビルの街から 山の手へ
  紺の制服 身につけて
  私は東京の バスガール
  発車オーライ
  明るく明るく 走るのよ

2 昨日こころに とめた方
  今日はきれいな 人つれて
  夢ははかなく 破れても
  くじけちゃいけない バスガール
  発車オーライ
  明るく明るく 走るのよ

3 酔ったお客の 意地わるさ
  いやな言葉で どなられて
  ほろり落とした ひとしずく
  それでも東京の バスガール
  発車オーライ
  明るく明るく 走るのよ

 時代を感じさせるのは3番の歌詞ではないだろうか。
 酔客に絡まれれば、今なら直ちにセクハラとして糾弾されるだろう。
 しかしこの時代、もちろんハラスメントいう概念はなかった。女性、特に若い女性は少々イヤなことがあっても我慢しなければならず、そのような態度が女性の規範として強要されていたということもできる。

 セクシャルハラスメントという概念が日本で定着したのは90年台。この言葉は、それまで不当にも我慢を強いられてきた女性を解放する、強力な武器となった。
 それよりはるか前に作られたこの曲、当時の風俗を正確に描いているとも言えるし、「明るく走るのよ」とやはり我慢を強いるメッセージを伝えているとも言える。

奇妙な歌謡曲探求1 石原裕次郎「錆びたナイフ」

錆びたナイフ
歌:石原裕次郎 作詞:萩原四朗 作曲:上原賢六

砂山の砂を 指で掘ってたら
まっかに錆びたジャックナイフが 出て来たよ
どこのどいつが 埋めたか
胸にじんとくる 小島の秋だ

 裕ちゃんファンも、いまや後期高齢化していることだろう。
 それでもこんな歌は懐かしいのではないだろうか。

 それにしても、常識のある人なら唖然としてしまう歌詞ではある。

 裕ちゃんが「小島」というのだから、たぶん新島あたりか。
 その砂浜から、錆びたジャックナイフが出てきた。
 おそらく大多数の人は、「こんなところにナイフ! 危ないじゃないか」と思うだろう。
 場所柄、大勢の人が海水浴に訪れるような場所に違いないからだ。
 「どこのどいつがうずめたか」とは誰しも考えるが、しかし裕ちゃんは怒っていない。
 「胸にじんと来る」のである。

 2番の歌詞では、

薄情な奴を 思い切ろうと
ここまで来たか 男泣きしたマドロスが
恋のなきがら 埋めたか
そんな気がする 小島の磯だ

 つまり裕ちゃんは、想像上の失恋男性を胸に描いて、妙に共感しているのである。
 「危ない」と思う以前に、ロマンの世界に入ってしまっている。実に幸せな人だ。

 3番の歌詞では、

海鳴りはしても 何も言わない
まっかに錆びたジャックナイフが いとしいよ
俺もここまで 泣きに来た
同じおもいの 旅路の果てだ

と、とうとうナイフがいとしいとまで言っている。アンタ、常識ってものはないんかい?

 実はこの歌詞、元歌がある。石川啄木の、

いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りてありしに

という短歌だという。
 啄木を愛唱していた作詞家の萩原四朗が、この歌をヒントに、ピストルをナイフに置き換えて作ったのだそうだ。

 もちろん啄木は、ピストルを「いとしいよ」なんて言ってはいない。

機動隊に轢き殺されそうになったOさんの手記

 レイバーネットメーリングリストに投稿された、Oさん(私も面識のある女性)です。
 転載は自由ということになっていますのでこちらにも書きます。実名だけ略しました。
 沖縄でどれほどの政府による暴力がなされているか、ひとつの明らかな証言といえます。
===

 Oです。

 ご心配をお掛けし、お騒がせしてしまい申し訳ありません。さきほど伊江島に戻ってきました。

 昨日病院の緊急外来で緊急の措置が必要な異常があるかと、骨の検査をして一泊して退院しました。特に異常は見つかりませんでしたが、外科の診察も必要なので、それは来週行うことになりました。

 ごく簡単にご報告しますと、午後6時半ごろ、ランドクルーザーの警察車両(「指揮車」というらしいですが)の前に私が立ちその進行を止めていました。現場指揮官も、指揮車は動くな、という指示を出していたこともあり、私も排除されることはありませんでした。時間も長引いてきたので、その場に座り込んでそのまま止めていましたが、何分か経つと、私の帽子に車体が当たったので、指揮車が後退するために動き出したのかと思ったのもつかの間、ジリジリを前進を始め、車を背にあぐらをかいて座っていた私を二つ折りにするようなかたちで、のし掛かってきました。
 私は瞬間的に「押しつぶされる」「殺される」と感じ何らかの声を上げたのは覚えてますが、精神的にパニクっていたと思いますので、その後の記憶は飛び飛びです(意識を失っていたわけではありません)。

 この後のことは周りから聞いた話ですが、このときの警察の対応もひどく、運転手も降りて来ないし、もちろん被害者の救助もしようとしない。現場検証もしないまま、車も移動させてしまう。こうした対応に緊急抗議行動が取られていると、救急車で搬送中に、同行してくれた仲間が教えてくれました。

 幸いにも、大きな異常も現在は見つかってないので、養生をしながら通院と名護署の対応をしていきたいと思っています。今朝も名護署に行きましたが、名護署としてはまだ事故として認定したわけではない旨の発言をしていましたので、まだ先行きが不透明です。

 なお、現場を見ていた女性が大きな声をあげたため、警察車両は止まったとのことで、もしこの女性が声をあげていてくれなかったらと思うとゾッとします。

 重ねてではありますが、お心配をお掛けした皆さまにはお詫びとお礼を申し上げます。

 報道でご存知とは思いますが(本土でどれほど報道されているかわかりませんが)、数と力にものをいわせた機動隊による激しい排除により、本日もけが人が続出したため、阻止行動は中止され、市民が設置していたゲート前のテントや車などは機動隊により、あるいは自主的に撤去されたのち、防衛局による金網が即座に設置され、これまた即座に工事のための伐採が始められてしまいました。

 しかし抵抗運動はこれからも続きます。今後もぜひ高江、辺野古、そして伊江島、沖縄での軍事機能強化の動きへの異議申し立ての声を上げていただきますようお願い致します。